夏休みの不快だった毎日のラジオ体操

自分が小学校の位は、夏休みに町内会毎に集まって日毎ラジオ体操を通じていました。終わったらスタンプ貰って、夏休み最後の日は何故かスタンプカードと引換に文房具設定などの援助を味わうのです。

午前は10事くらいまで寝ていたいロングスリーパーな自分はこういう早朝にある現象が不満で不満でしょうがなかったのです。6事半設置なのに6事28分け前くらいに引き起こす妻も不満でした。小学校だって綺麗に身支度目指すのに、妻は毒物父兄だったので、自分が髪ボサボサのヨレヨレのアパレルで衆人ウォッチングの中に放り込むのが隠れ家でした。

他の子どもはもちろんもっと早くに起きて朝飯なども済ませてから来ているわけですから本当に不快でした。

遅ればせながら小学三年生の時に「もうラジオ体操なんて無理強いいかないから!」とボイコットを起こし
てからラジオ体操に無理矢理行かされる事はなくなり、午前も気が済むまで寝ることが出来ました。
が、妻と仲の悪い近所の妻AがA小児と結託してよく分からない嫌味を通じてきました。
夏休み最後の日に頂ける文房具設定と共に、スタンプで埋まったA小児のラジオ体操カードを同封してきたは。ラジオ体操カードは一応新学期に担任に提出していたので、なぜうちに?と確信に考え込むわたしの隣席で「なんという嫌がらせ、許さん!」と何故か逆鱗に揺れる妻。当時も今もいまいち逆鱗の素因が異なりまくっている妻でした。

最近になって当時の想いを聞くと、Aお母さんの嫌がらせ未満はさておき、ラジオ体操ボイコットは「わたしの訴えを聞き入れてやさしく行かなくていい意味を伝えた、行きたくないというから行かせなかった」という美談になっていました。ヘアつかんで家中引きずり回したのは無かったことになっていました。