平昌オリンピックの衝撃っ!

約1ヶ月ほど前に平昌オリンピックが終わりましたが、それ以来ドラマや芸能人に興味が全くなくなりました。

目の前で筋書きの見えないドラマチック過ぎるドラマを目の当たりにして、作り物のドラマやバラエティーなどに全く何ら価値を見出せなくなってしまいました。

あれから1ヶ月強たちましたが、いまだにスポーツ、アスリートにしか興味が持てなくなり、女優がいくら見た目がキレイであろうとも何の関心も持てなくなりました(ガッキーは別っ!(笑))。

これまでにも、国際大会、オリンピックなどあってその時は夢中になっても1週間もすれば興味がなくなっていたのですが、今回ばかりは別なようです。

よくカーリング女子が4年に一度話題になる(4年に一度しか話題にならない)といいますが、長野、トリノ、バンクーバーでもソチでも私の記憶の中にはカーリングは全くなかったです。

長野では男子スキージャンプの日の丸飛行隊、トリノでは荒川静香のイナバウアー、バンクーバーは何も記憶になし、ソチでは浅田真央のフリーの演技を完璧にこなし、真央が感動の涙を流したことしか記憶にないです。

カーリングが毎回話題になっていたらしいのですが、ミーハーでニワカな私ですらカーリングは全く記憶に残っていませんし、マリリンブームのことすら全く知りませんでした。

やはり、今回のカーリング女子は強かった、予選通過した、メダルを取ったからなのかもしれません。

アスリートの世界は見た目がキレイ、可愛いだけでは人気にはつながらずに、やはりその競技で強くなくては一般のニワカファンには興味を持たれないものであると思いました。