人材不足が招く質の低下

夫は飲食店を経営する会社の社員をしていて、最近は若手がすぐ辞めるから引き留めるのが大変だとこぼしていました。

飲食店というのは基本的にお給料はそこまで良くないのに仕事は体力勝負だったりして疲れるから、すぐ辞めてしまうのは昔から当たり前なんですよね。

私も結婚する前は同じ職場にいたから、分かります。

でも、昔と違うのは最近では人が少ないからせっかく雇った人間に辞められては困る為に以前とはかなり変わって優遇するようになったそうです。

つまり、少しミスしたくらいで怒り過ぎるとすぐに辞めたいってしまうから強く言えなくなってしまったのだそうです。

今の若者は打たれ弱い人も多いからと言って嘆いてました。

そうなると、なかなか人材を育てるのにも時間もかかり叱るのも難しいから接客の質もどんどん低下します。

店に働く人がいないとどんな人でもとりあえずいて欲しくなるから教育する側も甘くなっちゃうのでしょうね。

なんか寂しい話だけれど、最近見かける飲食店の求人は時給が上がってるのも、そうしないとまず募集に人が集まらないからなんだとか。

そうでもしないと、若者は条件が良い方にどんどん流れていってしまうのです。

人口が減っているとそんな事になっちゃうのかと悲しくなります。