今年もやってきた鬼さんにギャン泣きの娘

節分ということで、娘の保育園にも鬼さんがやってきたようです。前日に「明日遊びに行きます」と保育園にお手紙が届いたと先生から聞いていたのですが、娘に聞いてもノーコメント。たぶん来てほしくないから黙ってたんだと思います。

当日、最初は節分のお話しを聞いて、それからお豆をもらって外に置いてある作り物の鬼にむかって「おにはそと~」としたそうです。投げている途中に太鼓の音とともに鬼さんが登場。毎年のことながら今年もボロボロと泣いちゃったみたいです。そりゃ、いきなり現れたら怖いですよね。それでも泣きながらも鬼に向かってお豆投げれたみたいだし、頑張ったねと家で話をしました。

必死だったのが伝わってくるのが、被っていた鬼のお面。泥がついてるなーと思っていたらどうやら逃げてる時にこけたらしいです。鬼は怖いし、コケて痛いしと想像するとなんだかかわいそうになるくらいです。今年度から保育園に行き出したので、鬼から逃げている様子を見られなかったのが残念です。

お家にもくるかなっとちょっと構えていた娘ですが、保育園で頑張ったようなので今年はお家には鬼さんやってきませんでした。窓から「おには外、福は内」とお豆だけ撒いて終わりました。