スリムな生活

何も、スリムにならなければならないのは、体だけではない。
親の家の後片付けをしに行くたび「ああ、ものが多いのはストレス以外のなにものでもない}とつくずく思った。
じゃあ、我が家もどうなのだろうと思い起こすと、放っておけなくなった。
我が家に戻って自分の服を調べてみて(調べるほどの数もないのですが)結構着ていないもの、毛玉がついて、見栄えの悪いものなどもう着れない服が結構あった。
買ったはいいが、結局なんとなく買ったものは着ないこともわかった。もらったりしても、自分の好みでないものは着ないのだ。
リサイクルショップに持って行ったり色々処分しているのだがふと自分の着物や、娘たちのために作った着物も多数あることを思い出した。
思い出さなければあることを忘れてしまう。毎日着るわけではないので記憶にないのである。
母よ、せっかく私のために作ってくれたのに申し訳ない。着る機会がありません。
私が娘たちのために作った着物のことで末の娘に「あの着物着ないなら、リサイクルショップに持って行っていい?」と聞いてみた。
末っ子は、「いいよ、お母さんに任せるよ」と言ってくれた。
しかしだ、同居している娘は「いやだ、あなたの形見として取っておく」だと私はまだ生きているわ!
ああ、なかなかスリムな生活が実現しない。体のスリムも、服のスリムも自分の理想とは、程遠い。